ウサギは後退せず、大きな耳で情報集めをする事に験を担ぎ、古来より日本では鎧などにウサギの図柄を取り入れてきたらしい。

うさブロ

ぼっちなうさぎのセキュリティラボ

Re:ゼロ円から始める解析者生活 【導入】

f:id:appleseedj073:20170815221420p:plain

Malwareの解析をやりたいなぁって思った。

でも、ウチはMacで、Windowsじゃないんだよね(T ^ T)

Macでも解析はできなくはないと思うけどやっぱりWindowsが良いよね。でも、仮想環境からOSまで揃えるとかなりの出費になる・・・。

そんな金はない!

てな訳で、お金をかけないで仮想化したWindowsの解析環境を作れないか追求してみる!

 

仮想環境

お金をかけない仮想環境といったらやっぱり「Oracle VM VirtualBox」と、個人的に思っているので、ダウンロードして使うことにする。別に「VMware Workstation Player」でも良いんだけど俺の記憶だとスナップショットが使えないような気がしたのでVirtualBoxを利用してます。

f:id:appleseedj073:20171104181843p:plain

あとは、インストールするだけ。これで仮想環境の準備完了。

 

次にOS、それもWindows。もし、自分は金銭的に余裕あるんで購入します!とか、会社のアカウントでいくらでもダウンロードできるんで大丈夫って人は読み飛ばしてくださいw

実は、Microsoftでは検証用にと無料でWindowsがダウンロードできる仕組みがあります。それが「Microsoft Edge - Microsoft Developer」です。

eveloper.microsoft.com

f:id:appleseedj073:20171104210552p:plain

1. 「Virtual Machines」を選択
2. 「Select a download」の「Virtual machine」ドロップダウンリストより必要なOSのバージョンを選択(今回はWindows10を選択)

f:id:appleseedj073:20171104211808p:plain
3. 「Select platform」のドロップダウンリストより仮想マシンを選択(Virtual Boxを使うので選択)

f:id:appleseedj073:20171104211832p:plain
4. 選択した内容を確認しダウンロード

f:id:appleseedj073:20171104211905p:plain

5. ダウンロードしてきたzipを解凍して、フォルダ内の「MSEdge - Win10.ovf」をVirtual Boxでインポートする。

f:id:appleseedj073:20171104214535p:plain

f:id:appleseedj073:20171104214645p:plain

6. インポート完了

f:id:appleseedj073:20171104214842p:plain

※ ちなみにこのWindowsは、あくまで検証用なので90日しか利用できないので気をつけてください。

 

起動

VirtualBoxより「起動」を選択してインポートした仮想マシンを起動する。パスワードは「Passw0rd!」

f:id:appleseedj073:20171104220054p:plain

 

日本語化へ続く・・・